Categories
programming WordPress

Polylangメモ – WordPress Plugin

Polylang プラグインPolylangを使って、ホームページ多言語化 その1:インストールして使ってみる | ゆうそうとITブログ プラグイン導入に際し、参考にさせていただきました。m(__)m Language switcherはウィジェットとして設置するので、使用するテーマがウィジェットに対応している前提。 テーマのウィジェット対応 上のページの例だとfunctions.phpのID home_right_1 とテンプレート側のID sidebar-1 が異なるので、実装する際はこのIDを揃える。 外観 -> ウィジェット から Language Switcher を追加。 How to display the widget flags horizontally? デフォルトだと選択する言語が縦に並ぶので、横に並べたい場合のスタイル指定。

Categories
Agile programming

WordPress作業メモ

学術研究機関向けシンポジウム管理システム developed with WordPress 2015年版の開発 TDD(PHPUnit)で進めた。 当初、2ヶ国語(日本語、英語)で開発・運用していたが、複数言語でのコンテンツの更新が負担になるため英語メインに変更。必要に応じて日本語を併記。 2017年版で機能追加 1アカウントで複数の論文投稿(および決済)に対応。この部分でプログラムが若干複雑になり、決済のチェックも事務方での確認など手間が増えてしまう。 ただしTDD(2015版)によるテストコードがあったので、改修作業は比較的スムーズに進んだ。 2019版を開発開始 MVCに関する記事を参考に、リファクタリングを進める。 やはりここでもTDDに救われる。仮にテストコードがないとすると、ここまでたどり着けていないと思う。しかもストレスなく、というよりもどちらかというとモチベーション高めでリファクタリングを進めることができるのはわりと幸せな感じ。 ただし、PayPalのAPIが開発の時期によってバージョンアップされていて、その対応(情報収集、試作)に結構な時間が取られるのがなかなかしんどい。

Categories
WordPress

WordPressで動画をアップ

参考:「videoタグを使って動画を再生する」 http://techbooster.org/html5/9592/ で、調べてみるとWordPressではショートコードが使えるのですね。 https://codex.wordpress.org/Video_Shortcode なので、スマホ向けのWordPressアプリを使えば、スマホで撮影した動画を簡単に投稿することができます。 WordPress for Android https://play.google.com/store/apps/details?id=org.wordpress.android&hl=ja WordPress for iPhone https://itunes.apple.com/jp/app/wordpress/id335703880?mt=8

Categories
Software

WordBench愛媛 – 春のお茶会を開催します。

新年度が始まりましたね。 フレッシュな気分で、新しい環境で皆さんそれぞれご活躍のことと思います。 さて、WordBehch愛媛もおかげさまで登録メンバーが増えてきまして、せっかくの地域コミュニティですので実際にお会いして情報交換ができればと思いましてお茶会をセッティングしました。 まだ席がございますのでお時間ありましたらお気軽にご参加ください。 参加登録はATNDからお願いします。 http://atnd.org/events/38295

Categories
Software

WordBench愛媛の参加方法

昨日お知らせしたWordBench愛媛の参加方法をご案内します。 まず最初にWordBench.orgでアカウントを登録します。(create account) WordBench.orgのページを開いて画面左上の[Register]または右のほうにある[create an account]をクリックします。 すると登録フォームのページが開きます。 必要事項を入力して[Complete Sign Up]をクリックします。 登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、メールの内容にしたがって登録を完了してください。 上記でアカウントの登録ができたら、あらためてWordBench.orgのページを開いてログインします。左上の[Log In]メニューまたは右側のアカウント項目からログインできます。 WordBenchへのログインができたら、右上の[Groups]タブまたは右下のGroupsの中から「愛媛」を探してWordBench愛媛のページを開きます。 またはこちら WordBench愛媛 上の画面はすでに愛媛グループに参加している状態なので参加するボタンの名称が[Leave Group]になっています。まだ参加していない場合は[Join Group]と表示されますのでこれをクリックして愛媛グループへの参加を完了してください。 以上です。

Categories
Software

WordBench愛媛ができました。

WordBenchの愛媛グループができました。 http://wordbench.org/groups/ehime/ オンラインでの情報交換は上記WordBenchのサイトに集約しようと思います。 ということで愛媛に限らずWordPressに興味のある方はお気軽にご参加ください。 #WordBenchでのメンバー登録と愛媛グループへの参加をお願いします。 オフライン活動については何名か登録していただいたところで、 場所と日時を相談して「準備会」のような名目で集まって決めたいと思います。 よろしくお願いします。

Categories
Software

カスタムフィールドの不具合 – WordPress

先日、WordPressのカスタムフィールドが使えないようなツイートが流れていて、その時はダッシュボードを開いて表示ができたので気にしていなかったのですが、今日になってカスタムフィールドを編集(追加)しようとすると思うように反映されず。 調べてみるとWordPressの現在のバージョンにバグがありました。 3.4.2 カスタムフィールド追加のバグ お急ぎの場合は、フォーラムの記事にあるようにHotFixプラグインで対処できます。

Categories
Software

メールアドレスの暗号化やスパム対策など – WordPress

WordPressのプラグインいくつかご紹介。 メールアドレスの暗号化 Email Address Encoder HTMLのソースに含まれるメールアドレスを暗号化してくれます。うっかりメールアドレスをウェブに公開してもbotに拾われる心配がすくなくなります。まぁいたちごっこではありますが。 お問い合わせフォームのスパム対策 Honeypot Module for Contact Form 7 一般的にはCAPTCHAが利用されていますが、利用する側にとってはなかなか面倒です。 これはbotを逆手にとってダミーの項目を用意しておいて、そこに入力があればスパム扱いするようです。 (こちらを参考にさせていただきました。↓) [WordPress] CAPTCHAなしでContact Form 7のスパム対策を強化するプラグイン「Contact Form 7 Honeypot」