進化的アーキテクチャの読書会

Agile459のイベントで8月から「進化的アーキテクチャ」の読書会が始まりました。1回目は1章と2章の最初の部分まで。1章は概要の説明という感じで、ここだけでは何かを理解できるものではなさそう。適応度関数 Fitness Function とは何だろうというモヤモヤした雰囲気でした。(continue…)

pytestでTDD

Test Driven Development with pytest を拝読してのメモ書き。unittestはクラスから書く必要があるが、pytestはfunctionで書き始めることができる。TDDとは失敗するテストを書くテストを通すコードを書く必要に応じてリファクタリングRed-(continue…)

TDDは 過大評価されてる?

“Test Driven Development is overrated” という記事を拝読してのメモ書き。"TDDは過大評価されてる" と言われて残念に思ったのと同時に、TDDが都市伝説化していると感じた。(ことからこの記事にまとめたとのこと)TDDのアイディアは Kent Beck によって作ら(continue…)

XP本読書会最後のふりかえりのふりかえり

この記事は Agile459 retrospective for 2018 Advent Calendar 2018 のエントリーです。エクストリームの純度アジャイルでもそうですが、ドキュメントを書かないことの言い訳に使われることがありますね。でもそれ以前にコミュニケーションの問題があるかもしれませんし、様々な(continue…)

XP本読書会15,16回目のふりかえりのふりかえり

この記事は Agile459 retrospective for 2018 Advent Calendar 2018 のエントリーです。XP本読書会15回目と16回目からいくつかピックアップ。ロゼッタストーンプロジェクトが停止する前に、ビルドやテスト、システムを理解するためのガイドのようなものを書いておく。(continue…)

XP本読書会13回目のふりかえりのふりかえり

この記事は Agile459 retrospective for 2018 Advent Calendar 2018 のエントリーです。スコープの管理ここ数年は契約の関係でスコープの調整ができるようになってきましたが、過去に関わった仕事で、スコープが調整されるケースはあまりなかったように思います。やるべき課題と(continue…)