Categories
News programming

Scratchのcloneの練習

昨日のCoderDojo伊予でspriteをランダムに配置する議論があって、いろいろ調べているうちにcloneの方が気になって試してみました。 spriteをcloneする際のIDについて。 Discussion Forums » Help With Scripts » the cloning tutorial: the basics of cloning. ポイントは、 NOTE: When you create the variable ID you must check the box that says “for this sprite only” the cloning tutorial: the basics of cloning. 変数をスプライトのみにすること。

Categories
programming

macOS Appの練習 – SwiftUI Tutorials

Swiftでの開発は参考書を読んでサンプルアプリを作っている程度でまだまだ初心者です。ここで、自分で何か作ってみようと書き始めたところ、ロジックよりもレイアウトがなかなか難しくて先に進めそうにない感じがしていて、スマホのポートレイトで配置してみて、そこからタブレットの横置きに回転させると崩れてしまうような状態からなかなか抜け出せそうにありません。

Categories
programming

GDG Tokyo のハンズオンにリモート参加 – Angular+Firebase

土曜日の午後、仕掛かりのチュートリアルでも進めようかと思っていたら #GDGTokyo のハンズオンにリモート参加できることを知りYoutube Live 視聴枠でエントリー。 https://gdg-tokyo.connpass.com/event/168843/ 前半はなんとかついていけたのですが、後半のAngularのセッションのスピードについていけず早々に脱落。あとでビデオが公開されるとのことで、夕食後にビデオを見ながら(何度も巻き戻しながら)試してみました。ざっとメモ書き程度ですが書いておきます。

Categories
Agile programming

phpのテスト環境 – Windows

メモ書き程度で恐縮ですが。 ローカル環境の場合 レシピ– Windows10– PHP-7.4.x– phpunit– Git for Windows– VS Code https://windows.php.net/download/ここからNon Thread Safeのzipファイルをダウンロードして展開し、C:\php へ配置。 環境変数(システム -> 詳細設定 -> 環境変数)を開いてユーザーもしくはシステムの環境変数:PATH に C:\php を追加。 合わせて git の環境も整えておく。

Categories
programming

Rails環境のwarningなど – wsl

wsl(Windows Subsystem for Linux)のubuntuでRails環境を構築する際に、いくつかwarningが表示されたのでその対応を簡単に書いておきます。 ちなみに rails は、 でインストールできた前提です。ここで例えば、 として、 のようなメッセージが表示される場合。 として、group や others の書き込み権限を外しておくと良さそうです。同様に、 /mnt あたりでパーミッションの問題が表示される場合。 参考:https://github.com/microsoft/WSL/issues/1426 /etc/wsl.conf を開いて(なければ新規作成)、 上記を書いて保存。wsl(ubuntu)のウインドウを一旦閉じて開くと設定が反映されます。wsl.conf の詳細はこちら。 参考:Manage and configure Windows Subsystem for Linux

Categories
programming

Ruby on Rails 5 のローカル環境

Ruby on Rails 5をvagrantで環境構築していて少し引っ掛かったのでメモ書き。 主なレシピ macOS 10.15.2 vagrant-box bento/centos-6.8 ruby 2.6.5 rails 5.1.7 Vagrantfileに下記を追加。

Categories
programming WordPress

Polylangメモ – WordPress Plugin

Polylang プラグインPolylangを使って、ホームページ多言語化 その1:インストールして使ってみる | ゆうそうとITブログ プラグイン導入に際し、参考にさせていただきました。m(__)m Language switcherはウィジェットとして設置するので、使用するテーマがウィジェットに対応している前提。 テーマのウィジェット対応 上のページの例だとfunctions.phpのID home_right_1 とテンプレート側のID sidebar-1 が異なるので、実装する際はこのIDを揃える。 外観 -> ウィジェット から Language Switcher を追加。 How to display the widget flags horizontally? デフォルトだと選択する言語が縦に並ぶので、横に並べたい場合のスタイル指定。

Categories
programming

Rails Girls Ehimeに参加しました

昨年末からehime.rbで少しずつですが Ruby on Rails を勉強していまして、 今回 Rails Girls Ehime が開催されたのでスタッフとして参加してきました。 スタッフといってもイベント当日のお手伝いは特にしていなくて、開催前のお手伝いでイベントのお知らせページの一部をGitHubで更新した程度です。マスターリポジトリをフォークして、ブランチを切ってファイルを編集。コミットしてPRを送ってマージされたらフェッチしてフォーク先を更新、みたいな手順を何度か行いました。これはこれでgit操作の勉強になりました。 イベント自体は2日目の土曜日のみお邪魔して参加者と同じ立場でRailsの環境づくりとチュートリアルを試しました。昨年末かあるいはその前だったか作成済みのRails環境があって、今回のチュートリアルの環境に合わせるにはいくつかバージョンアップが必要でした。 anyenvのrbenvを更新しました。(してなかった — ‍♂️ (@kazweda) June 15, 2019 https://t.co/fSKmKFgCd3platformsオプションを削除してbundle update — ‍♂️ (@kazweda) June 15, 2019 herokuへのdeployをする際にherokuコマンドのバージョンアップを促すメッセージが出たので、更新を実行したところ更新できず。下記のherokuのドキュメントによると、どうやらnpmでのheroku(cli)のインストールはおすすめではないらしい。 The Heroku CLI | Heroku Dev Center https://t.co/feGOVy4DgU #rg_ehime — ‍♂️ (@kazweda) June 15, 2019 で、なんとか環境が整ったのでチュートリアルを進めていきました。で、herokuへのdeployもできて、次の課題でファイルのアップロードに対応しようとしたところで、deployしたところでエラー発生。 Application error #rg_ehime pic.twitter.com/KhOy1Hww2m — ‍♂️ (@kazweda) June 15, 2019 調べていくと、 https://t.co/CxQG7wSzJE — ‍♂️ (@kazweda) June 15, 2019 Gemfileの編集で gem ‘carrierwave’ これを追加する場所がまずかったようです。(developmentの中にのみ書いていた) そんなこんなでエラーを起こしつつもherokuでの動作確認までできました。 あとLTで参考になるサイトとか書籍の紹介があったのでいくつか書いておきます。 Progate – Ruby on Rails5 Paizaラーニング – 「Ruby on Rails」入門講座 クロスコミュニティ四国 鎌玉のよしなしごと ゼロからわかる Ruby 超入門 (かんたんIT基礎講座) 五十嵐 邦明 https://t.co/0GVpU2UICl via @amazonJP #rg_ehime — ‍♂️ (@kazweda) June 15, 2019 Ruby on Rails 5アプリケーションプログラミング 山田 祥寛 https://t.co/niyL0NNonJ via @amazonJP #rg_ehime — ‍♂️ (@kazweda) June […]