Categories
OS

VPS時代のsudo利用

VPSサービス花盛りといった今日この頃。
備忘録として、sudo利用の手順(概要)を書いておきます。

まず、自分(user1)をwheelグループに追加します。
$ su –
# usermod -a -G wheel user1
次に、rootのままでsudoersを編集します。
# visudo
次の記述を見つけて、コメントを外します。
## Same thing without a password
%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
保存して終了。

以後、sudoコマンドを頭につければ、ユーザはそのままで
ルート権限の作業ができます。