Categories
OS

ウインドウの位置を調整

ウィンドウが画面の外に出てしまった場合の対処方法 ALTキー + スペースキー でショートカットメニューを開く。 Mキーで移動を選択。 マウスでウインドウを移動。 Windows8.1のショートカット

Categories
OS

Windows Update後、起動に時間がかかる

Twitterを眺めていると、 Windows8.1でエクスプローラが固まった後、再起動してイライラしてた件 という記事を見かけて手元のPCを起動したところ、いくら待ってもタスクバーが操作できる状態にならない。 で、30分ぐらいしてやっとタスクバーが反応するようになって、エクスプローラを開いてみると、ファイル一覧が表示されるまでにしばらく時間がかかる状態。 記事に倣って確認したところ、2015年3月13日付でKB3033889を含め多数の更新プログラムがインストールされた様子。 これを削除してみるのも良いかもしれないけど、何か根本的な解決にはならないような気がして、公式サイトの情報をあさっていると、Microsoft Supportのページに、 “Choose an Answer Tech below to chat online” というオンラインのチャットでサポートが受けられるとのこと。 早速チャットを開いてサポートを依頼してみました。 私のブラウザの言語設定の関係かどうかわかりませんが、英語でのサポートになっていて、ここからのやり取りは英語でした。 MS: どのような問題でしょうか。 私: 急に起動が遅くなったのですが。KB3033889が問題のような気がします。 MS: リモートでPCの設定など操作してもよろしいでしょうか。 私: お願いします。 のようなやり取りをして、受付番号のようなものが発行されて、専用のアプリをダウンロード。おっと、ここはIEが必要でした。 で、いくつかアクセス許可のようなメッセージがでて、許可していくとマウスとキーボードがリモート操作される状態になりました。 更新プログラムの一覧を確認して、次にMSCONFIG。 システム構成のサービスを開いて「Microsoftのサービスをすべて隠す」をチェック。 ここで、下記の項目を無効にしました。 Adobe Acrobat Update Service Adobe Flash Player Update Service Intel(R) Dynamic Platform & Therm… Intel(R) Dynamic Platform & Therm… Google Update サービス(gupdate) Google Update サービス(gupdatem) Wireless PAN DHCP Server そして「適用」をクリックして「再起動」 えっ。「再起動」? リモート操作はどうなるの?しかも、うまく起動しなかったり… と焦りましたが、元通りの短い時間で起動し、専用アプリでチャットも自動的に再接続。 お見事な対応でした。 MS: 他に問題はございませんか? 私: これで解決です。ありがとうございます。 MS: よろしければ有償のサポートサービスもございますのでご案内を… 私: 結構です。 MS: では今回のサポートについてフィードバックをお願いします。 私: 承知しました。 ということで案内されたフィードバックページで「Excellent」を選んで回答しておきました。 それぞれのPC環境によって、改善されない場合もあるかもしれません。 参考になれば幸いです。 関連記事 How to Fix Windows 8.1 Slow Performance Issues

Categories
OS

Windows 8.1の Wndows Update でエラー – KB2919355

最近リリースされたWindows Updateを実施したところエラーが発生。 ファイルサイズが大きいようで、Windows Updateでまとめて更新するのとは別に、 個別にダウンロードして実行できるようにダウンロード用のページも用意されています。 ですが、この記事に沿ってKB2919355をインストールしてもやはりエラーになってしまいました。 さらに記事を検索して、 [WINDOWS UPDATE] WINDOWS 8.1 UPDATE – KB2919355 こちらの手順にそって実行したところ無事アップデートできました。感謝。 どうやらMSが示しているインストールの順番があてにならないようで。 記事にあるクリーンブートは必要に応じて実施してください。 ※私の場合はクリーンブートはしなくてもOKでした。 [Windowsキー] + [X] メニューのなかから、 コマンドプロンプト(管理者)を選択。 確認ダイアログが表示されるので「はい」を選択。 手順1) DISM.exe /Online /Cleanup-image /Scanhealth 上記コマンドをコピーして、コマンドプロンプトのウインドウ内で マウス右クリックで貼り付け。Enterキーで実行。 完了するまでしばらく待ちます。 手順2) DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth 同様にこのコマンドを実行。 手順3) dism /online /remove-package /packagename:Package_for_KB2919355~31bf3856ad364e35~amd64~~6.3.1.14 同様にこのコマンドを実行。 ※私の場合は対象ファイルが存在しなかったようでエラーになりました。そのまま継続。 手順4) dism /online /cleanup-image /startcomponentcleanup 同様にこのコマンドを実行。 手順5) ダウンロード用のページからアップデート用のファイルをダウンロードしておきます。 私の場合は他の対処法をいろいろ試しているうちに、 KB2959977 を先にインストールしてしまったので、 (1) Windows8.1-KB2932046 (2) Windows8.1-KB2934018 (3) Windows8.1-KB2937592 (4) Windows8.1-KB2938439 (5) Windows8.1-KB2919355 という順番になりましたが、これで問題なくアップデートが完了しました。

Categories
OS

Oracle Enterprise Linux のインストール

ESXi に Oracle Enterprise Linux をインストールしてみました… といっても、ISOイメージのダウンロードに結構時間がかかるようで、 とりあえず、1枚目のISOイメージでインストーラの起動を確認する ところまでです。 1)ダウンロードページ ダウンロードはこちらから。 http://edelivery.oracle.com/linux 2)パッケージの種類を選択 Select a Product Pack: Oracle Linux Platform: x86 32bit(ご希望のプラットフォームを選択) 3)「Go」ボタンをクリック 今までのリリースがリスト表示されますので、 一番上の、 Oracle Linux Release 5 Update 5 Media Pack for x86 (32 bit) を選んだ状態で、「Continue」します。 4)イメージをダウンロード ●CD用ISOイメージ(1~5) Oracle Linux Release 5 Update 5 for x86 (32 Bit) – CD 1 of 5 V20646-01 584M Oracle Linux Release 5 Update 5 for x86 (32 Bit) – CD 2 of 5 V20647-01 613M Oracle Linux Release 5 Update 5 for x86 (32 Bit) – CD 3 of 5 V20648-01 618M Oracle Linux Release 5 Update 5 for x86 (32 Bit) – CD 4 of 5 V20649-01 592M Oracle Linux […]

Categories
OS

Linuxの情報源

ふと、Linuxについて調べようとおもって、 www.linux.or.jp を見に行こうとすると、 http://jp.linux.com/ に転送されてしまいます。 長年お世話になったサイトはどこへ…? …見つかりました。 http://jp.linux.com/resources/participate/community 2010年10月14日に、Linux.com JAPANと統合したそうです。 ↓「旧 www.linux.or.jp のコンテンツ」 http://archive.linux.or.jp/ 見慣れたページがありました。大変お世話になりました。

Categories
OS

デスクトップの表示

クイック起動ツールバーに、デスクトップを表示するための ショートカットを登録していたのですが、他のメニューにも 登録しようと操作していたところ間違って削除してしまいました。 そのような場合の修復方法です。 「Windows XP のクイック起動ツール バーに [デスクトップの表示] アイコンを再登録する方法」 http://support.microsoft.com/kb/190355/ja テキストエディタ(メモ帳など)で、 ————————————— [Shell] Command=2 IconFile=explorer.exe,3 [Taskbar] Command=ToggleDesktop ————————————— と書いて、「デスクトップの表示.scf」という名前で保存すればOKです。 その他にも、 「Windows」キー+「D」 や、 タスクバーで右クリックして「デスクトップを表示」 など。

Categories
OS

LinuxからWindows共有フォルダ

引き続き、CentOS(Linux)のデスクトップ環境に関する話題です。 CentOSからLAN上の共有フォルダにアクセスする際に、 「コンピュータ」->「ネットワーク」から直接参照しようとすると、 フォルダ名やファイル名が文字化けすることがあります。 http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/mount.8.html この場合、あらかじめマウントポイントを作成しておいて、 mountのオプションで、 codepage=932, iocharset=utf8 とすると改善されるようです。 参考:日経ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080515/301933/

Categories
OS Software

CentOSにOpenOffice 3 をインストール

久しぶりに、CentOSのデスクトップ環境でOpenOfficeを使おうと したところ、バージョン2.3だったのとメニュー(GUI)が英語のまま だったので、バージョン3.1.1日本語版に入れ替えてみました。 そのままアップデートもできるようですが、念のため、 「ソフトウェアの追加と削除」で前のバージョンを削除してから インストールしました。 とはいって、Linux用のRPM, JRE付きパッケージをダウンロード・解凍して setup スクリプトを管理者権限で実行しただけではありますが…。 ちなみに、GNOMEのメニューにOpenOffice関連のアイコンが 古い設定のまま残りますので、プロパティで参照先を設定 し直す必要がありました。 CentOS OpenOffice.org