Categories
Agile programming

phpのテスト環境 – Windows

メモ書き程度で恐縮ですが。 ローカル環境の場合 レシピ– Windows10– PHP-7.4.x– phpunit– Git for Windows– VS Code https://windows.php.net/download/ここからNon Thread Safeのzipファイルをダウンロードして展開し、C:\php へ配置。 環境変数(システム -> 詳細設定 -> 環境変数)を開いてユーザーもしくはシステムの環境変数:PATH に C:\php を追加。 合わせて git の環境も整えておく。 https://gitforwindows.org/利用環境に合わせてインストーラーをダウンロードして実行。 ssh でgitに接続するための鍵(秘密鍵、公開鍵)を生成。※詳しい記事がいろいろ見つかると思うので省略します。 鍵のセットが生成できたら、githubのウェブサイトを開いて、SSH and GPG keys に公開鍵id_rsa.pub を登録します。 そして phpunit のセットアップ。https://github.com/tddbc/php_phpunit作業用のフォルダを用意して、 VS Code で php_phpunit フォルダをワークスペースに追加。VS Code内のターミナルを開く。ここで「規定のシェルの選択」からGit Bash C:\Program Files\Git\bin\bash.exe を選びます。すでにPowerShell が開いている場合はターミナルを閉じて開き直すなど。 ここで phpunit をインストールするには、openssl とmbstring が必要になるので、C:\php\php.ini-development をC:\php\php.ini にコピーするなどして編集。 上の2行を有効にしておきます。 あとは tddbc/php_phpunit のセットアップにしたがって、VS Code のターミナルで、 curl -sS https://getcomposer.org/installer | php php composer.phar install ./vendor/bin/phpunit 上記を実行してテストが通ればOKです。 WSL+Ubuntu環境の場合 php-7.2 は入っていたので、ssh-keygenなどでssh接続環境を整えて、上記の場合と同様に git clone で tddbcのリポジトリからプロジェクトファイルを ubuntu の作業フォルダに複製します。 としたところ ext-dom と ext-mbstring が足りない模様。 として、あらためて、 しばらく時間がかかりますが、インストール完了。 これでサンプルソースのテストが通りました。そして、VS Codeからの編集ですが、ウインドウ左下の ><のアイコンをクリックして Remote-WSL: New Window を開けばファイルの編集、ターミナル操作ともにOKでした。