Visual Studio Codeを使ってみる – macOS

Get Started Tutorialにそって進めてみる

https://code.visualstudio.com/docs/python/python-tutorial

Python環境の確認

https://www.python.org/download/releases/3.0/
パッケージをインストール

$ which python3
/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.6/bin/python3
$ python3 --version
Python 3.6.5

Visual Studio Code インストール

https://code.visualstudio.com/

python3 -m venv

$ cd Hello
$ python3 -m venv venv

https://code.visualstudio.com/docs/setup/mac

$ cat << EOF >> ~/.bash_profile
# Add Visual Studio Code (code)
export PATH="\$PATH:/Applications/Visual Studio Code.app/Contents/Resources/app/bin"
EOF

VSCodeを起動

$ code .

VSCode起動

Configure Python Environment

https://code.visualstudio.com/docs/python/environments

Command + Shift + P
Python: Select Interpreter

./venv/bin/python

Python3.6.5(venv)

早速コードを書き始めると linter(pylint)のインストールを促される。
そのままインストール。

Successfully installed astroid-1.6.3 isort-4.3.4 lazy-object-proxy-1.3.1 mccabe-0.6.1 pylint-1.8.4 six-1.11.0 wrapt-1.10.11
You are using pip version 9.0.3, however version 10.0.0 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.

pipのアップデート
最後のメッセージにしたがって、

$ pip install --upgrade pip

ひとまずの環境が整ったようなので動かしてみる。

hello.pyを追加(編集)

print('Hello World!!')

VSCodeのterminalから

$ source venv/bin/activate
$ python hello.py

Unit Testing

https://code.visualstudio.com/docs/python/unit-testing
Command + Shift + P
で Command Pallete を開いて Unit と入力。
Command Pallete

Python: Run All Unit Tests

を選択すると、画面右下に次の表示。
Enable and configure a Test Framework

青いボタンをクリックしてテスト環境の設定を進める。
unittest

テストコードをtestフォルダにまとめたいので test を選択。
(testフォルダがなければ作成しておく。
test folder

testから始まるファイルをテストコードの対象に。
test*.py

出来上がった .vscode/settings.json

ではコードを書いていきます。

test/testCalc.py

calc.py

ステータスバーの [Run Tests] をクリックして [Run All Unit Tests] を実行。
OUTPUT の Python Test Log に OK が表示されればOK。
ただし、テストの2回目以降に、

OK
Unhandled exception in thread started by

のような例外が発生する模様。
しばらく様子をみます。