Categories
Agile

アジャイルサムライ読書会の予習

バーンダウンチャート

縦軸は残作業の総量
横軸は時間(イテレーション)
順調に進めば右下がりとなり、ゼロになればプロジェクト完了

右下がりにならない、すなわちチームのベロシティが下がっている
プロジェクトの状況を可視化できる
思ったほどのベロシティにならない場合は計画の見直しをするなど

右上がりのバーンアップチャート形式でも可能

途中からアジャイルにしていく
まずはインセプションデッキの作成から

チームメンバーの入れ替えはベロシティが下がる前提で

時間が足りない場合はスコープの調整
無理をするのではなく信頼関係の構築

パーキングロットチャートについては
「アジャイルな見積りと計画づくり」を参照

イテレーションの運営

アジャイルなイテレーション
毎週価値のある成果を届ける
実装開始直後から動く状態
結合した状態で進んでいく

分析・設計、開発、テスト

ペルソナとは
ソフトウェアのユーザを役割ごとに簡単に説明したもの
リアルな人間が具体的に解決したい課題を持っている

ペアプログラミング
分析やテストもペアでやってみる

イテレーション・ゼロ
実装に着手するまえの段取り、環境整備

カンバン
カードを使って組み立てラインでのパーツ補充の工程を調整する仕組み
仕掛り(Work In Progress)にできる作業に上限を設ける
すなわち、チームが同時に着手できる作業の数
イテレーションが必要ない(タイムボックスは関係ない)
運用やサポート業務に向いている