Categories
Agile

TDDは 過大評価されてる?

“Test Driven Development is overrated” という記事を拝読してのメモ書き。 “TDDは過大評価されてる” と言われて残念に思ったのと同時に、TDDが都市伝説化していると感じた。(ことからこの記事にまとめたとのこと) TDDのアイディアは Kent Beck によって作られた。“Test Driven Development” written in 2003 小さな落ちるテストを書く テストを通す機能を実装する リファクタリング “Red, Green, Refactor” でもTDDがあまり実践されていない現実。 QAの部署がテストを書いている モックとかスタブとかとても手間がかかる 利益がない 遅い いや、デベロッパーは次のことに責任を持って取り組んで欲しい。 ニーズに対して正しい技術を用いる 理解しやすく テストしやすく 拡張性を持たせ シンプルに ユニットテストの土台の上でサービスやUIが成り立っていると考えれば、利用者からのフィードバックループの増加に役立つし、メインゴールとしてのDevOpsにもつながる。 主な二つの利益。 テストで定義した通りにコードが動くこと どのようにコードを書いていくかを考えて明記すること コードとその機能に自信を持つことで、チーム全体として速く回せるようになる。