Categories
OS

apache2でmod_rewriteを有効にする – a2enmod

先日も、ユーザホーム(public_html)を公開する場合に、a2enmodを 使うような記事を書きましたが、あらためてapacheのモジュールを有効に する場合の備忘録です。 ubuntu-8.04 apache-2.2.8 ちなみに、apache2の詳細情報は、 $ apt-cache show apache2 $ dpkg -s apache2 で確認。 そもそも、a2enmodとは、シェルスクリプトなのですね。 /usr/sbin/a2enmod ここにインストールされていました。 なので、使い方については、スクリプトを読めば良さそうです。 さて、mod_rewriteを有効にするには、 # a2enmod rewrite とします。これで、 /etc/apache2/mods-enabled のフォルダ内に、rewrite.loadのシンボリックリンクが生成されます。 そして、configをリロードするように促されますので、 # /etc/init.d/apache2 force-reload を実行します。

Categories
OS Software

Apache2でユーザページの公開 – a2enmod

ubuntu-8サーバに、apache2をインストールしてみました。 このような記事がいろいろと公開されているので非常に助かります。↓ http://www.thinkit.co.jp/free/article/0707/11/4/ で、apache2, mysql, phpをインストールしたところで、ユーザディレクトリphpファイルを 置いて、phpinfoを確認しようとしたところ、Not Found になってしまいます。 調べてみたところ、a2enmodというコマンドでモジュールを有効にする必要があるとのこと。 参考サイト 「(Ubuntu Tips) Apache HTTP Serverを構築するには 」 https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Server/ApacheServer 「(Ubuntu Official Documentation) HTTPD – Apache2 Web Server」 https://help.ubuntu.com/8.04/serverguide/C/httpd.html