カテゴリー
WordPress

ローカル環境からのメール通知など – WordPress

先日、macOSをHigh Sierraにアップデートしてそれに合わせてWordPressのテスト環境(VCCW)を作り直しました。
ざっとですが、メモ書き。

VirtualBox-5.1.30
Download VirtualBox
2017年10月19日時点で VirtualBox-5.2.0 がリリースされていますが、vagrant-2.0 は VirtualBox-5.2 には未対応なので、5.1系にしておきます。

ちなみに VirtualBox-5.2 をインストールした状態で vagrant up とすると、下記のエラーメッセージが表示されて起動できません。

The provider ‘virtualbox’ that was requested to back the machine ‘vccw.test’ is reporting that it isn’t usable on this system. Thereason is shown below:

Vagrant has detected that you have a version of VirtualBox installed
that is not supported by this version of Vagrant. Please install one of the supported versions listed below to use Vagrant:

4.0, 4.1, 4.2, 4.3, 5.0, 5.1

A Vagrant update may also be available that adds support for the version you specified. Please check www.vagrantup.com/downloads.html to download the latest version.


$ vagrant --version
Vagrant 2.0.0

VCCWはこちら
現時点で vccw-3.9.0.zip がダウンロードできます。
zipファイルを展開して適当な場所に移動。

vagrant up してブラウザで、
http://vccw.test/
を開いて WordPress が利用できることを確認します。

welcome to the vccw
welcome to the vccw

次にテスト環境(PHPUnit)の確認。
何らかのプラグインを開発する前提です。
こちらの記事を参考にさせていただきました。m(__)m
WP-CLI+PHPUnitを使ったWordPressプラグインのユニットテスト(2)


$ vagrant ssh
$ cd /var/www/
$ wp scaffold plugin myplugin
$ cd /var/www/html/wp-content/plugins/myplugin
$ bash bin/install-wp-tests.sh wordpress_test root 'wordpress' localhost latest

これで PHPUnit のテスト環境が整うので、

$ phpunit
...
OK (1 test, 1 assertion)

となればOK。

次に、ローカル環境でWordPressのユーザアカウントを登録する場合などの、
メール通知が動くようにします。
利用するプラグインは、
Cimy Swift SMTP
ロリポップレンタルサーバーのメールサーバーを利用する場合の設定です。

Cimy Swift SMTP for Lolipop
Cimy Swift SMTP for Lolipop

SMTP Server: smtp.lolipop
Port: 465(Use for SSL/GMAIL)
メールアカウント、パスワードは適宜入力
Use SSL or TLS?: SSL
[Save Changes]ボタンをクリックして設定を保存。
Test Connectionで自分のメールアドレスにメールが届くことを確認します。