Twitterのフォントと言語設定 – Windows

最近、Twitterの日本語文字が薄くて等幅で読みにくい感じになったので調べてみました。

ChromeのDeveroper Toolsを開いて、
Elements -> Computed -> Rendered Fonts をみると、

Yu Gothic
Arial

となっています。
適用されているスタイルは、

body.ms-windows {
    font-family: Arial,sans-serif;
}

Arialの指定により、Windows10のシステムフォント”游ゴシック”で表示されている様子。
というのは、私のTwitterの言語設定(Settings -> Languages)が原因でした。
Twitter -> Settings -> Languages -> “English”
言語設定が英語だと上記のCSSが適用されるんですね。

そこで言語設定を日本語にしてみたところ、

body.ja {
    font-family: Arial,
    "ヒラギノ角ゴ Pro W3",
    "Hiragino Kaku Gothic Pro",
    Osaka,
    "メイリオ",
    Meiryo,
    "MS Pゴシック",
    "MS PGothic",
    sans-serif;
}

上記のCSSによりMeiryoでの表示が確認できました。

Developer Tools -> Elements -> Computed -> Rendered Fonts

Arial
Meiryo

コメントを残す